競馬場に輓馬レースを見に行ったことがあります

以前、競馬が大好きな友達に近くの競馬場に連れて行ってもらったことが何度かあります。

一般的なサラブレッドが駆け抜ける競馬にも連れて行ってもらいましたが、印象的だったのは輓馬レースを見に行ったときのことです。

サラブレッドを見慣れていたので、体重1トン近くある馬は、のしのし歩いているだけで見とれてしまいました。

パドックでは、その馬に小さな騎手がちょこんと乗って歩いている姿を見て、おもわず微笑んでしまいました。

レース自体はゆったり進みますが、観客はかなり力が入ります。

騎手と馬が力の加減をはかりながら駆け引きをしているのが、見ているこちらにもひしひしと伝わるからです。

重たいそりを引きながら二つの障害を越えていくのですが、どこで馬を休ませるのか、どこからスパートをかけるのか、一つ一つのレースが全く違っていて毎回面白いです。

大きな馬が鼻を大きく膨らませて渾身の力で障害をよじ登る姿には感動すら覚えてしまいます。

最近、北海道の輓馬をテーマにしたドラマが放映されていました。

人間のドラマでありながら、出てくる馬たちの演技も光っている感じがして楽しく拝見しました。

競馬業界も経営難が続いており、輓馬レースも規模の縮小が相次いでいると聞きます。

ドラマを機に日本中で輓馬に興味を持ってくれる人が増えてくれたらうれしいです。

負けたら肉になってしまうのは本当のことです。

生まれてきたからには彼らにも精一杯楽しく生きてもらいたいと思います。

2010-05-10「競馬」カテゴリリスト. You can follow any responses to this entry through the feed. You can leave a response, or from your own site.

コメントをどうぞ


Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans